悲しさ

悲しい、哀しい、かなしい
心のきしみ、隙間風、もののあわれ、※※しいは、形容詞です。心のようすです。

ふつう、感情のもとになる事象があるというふうに考えます。
出来事があって、悲しい感情が起きる。
悲しい出来事、というようにも表現します。

認知心理学的には、事象から引き起こされる感情は、ときに認知のゆがみによって心に問題を起こすとされています。
感情が、問題を起こす場合に認知のゆがみと考えます。
認知のゆがみというとき、心に問題を起こすことと、セットになっています。
心に問題を起こさないことは、どのような感情も、そのままでいいわけです。
問題を起こす感情とは、抑圧感情というものです。自分を責め苛む感情です。

前にも書きましたが、感情と抑圧は、そのままでは心が暴走して生命の危機に瀕するとき、脳が起こす防衛手段です。
恐怖や不安がそうです。

悲しい出来事、というのは悲しいと感じる心があるから感じることです。
それが、心に重圧となって自分を抑圧するとき、心に問題を起します。

悲しみは自分で癒すことができます。暮らしの時間が味方してくれます。
悲しむことは良いことです。大切なことは悲しみには、悲しみ方があるということです。
悩みや不安、いろいろな感情は生きていくために大切なものです。
しかし、悩み方、不安の受け止め方があるということです。

禁煙も、いろいろな感情を野放しすると、後から大変なことになります。
禁煙至上主義の方は、荒療治が平気です。矢でも鉄砲でも来いなどという気分になります。
そんな方は、実は生活一般にそのような高圧的な考え方があり、周りに疎んじられます。
押し渡る生き方も、いずれ終わりが来て、すべての清算が待っています。
早く気がつけば、気がついた分だけ残りが楽に生きて行けます。


Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。