パソコンやると顔が赤くなるんです

昨日、理美容が一緒のお店に行った。
アシスタントの若い女性は、ぼくの頭をマッサージしながら
「固いですね、もっとやわらかくしないといけませんね」
「いゃぁ、ここんところパソコンに張り付いていたからなあ」
「パソコンやると、顔が赤くなるから、好きじゃないです」
「えっ・・・?!」
思い当たることがありました。

『タコちゃん、顔がディスプレーで焼けるのかな、顔が赤いよ』
と連れ合いに言われたことがあります。
『液晶画面で顔が焼けるわけがないだろう』
と答えたものの、鏡を見ると赤く見えます。

脳はエネルギーや酸素を体全体の20パーセントを消費するそうです。
酸素不足や栄養不足などなど、脳が一番先にダメージを受けるとか。

パソコンに向かっているときは、その時間中、思考をめぐらし脳にたくさんの血液が流れ込みます。
それが、顔を赤くするのだと思います。なるほどと、合点したわけです。

今後は、この赤みに気をつけようと思います。
心の赤信号なのです。

Category: 今日のコラム
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。