忘れる

心の中には、鍵を掛けた箱があります。
いつもは、その箱があることを忘れています。
忘れていることも忘れています。
だから何を箱にしまったのかも意識していません。
意識は意識してそうしています。

しかし、その箱にしまった何かが、見つからないジクゾーパズルのピースのように、心のほかの場所がぽっかり空いています。
ぽっかりあいた空白のおさまりの悪さが気になります。
しかし、その空白はしまいこんだものだということは、思い出さないようにしています。
忘れたのですから。

心の中には、たくさんの空白があります。
忘れたのです。

忘れるために、脳はたさくのエネルギーを消耗します。

禁煙は、喫煙願望を忘れることだとすると、常に喫煙欲について監視し意識を働かせることになります。
これは、脳がとても疲れることです。

禁煙成功には、タバコと正面から向かい合うことをおすすめします。
相手は、ただのニコチン欠乏です。ニコチン依存症による、心身に起きるトラブルです。
禁煙で起きるいろいろなトラブルを整理します。
あまり哲学的にならず、あまり楽天的にならず、対応する一手一手を大切にします。
一息一息を大切にします。

実に禁煙は、かつて知らなかった生きる方法を見つけるチャンスです。
タバコで誤魔化して煙に巻いて来た大きな空白にうろたえてしまいます。
タバコの役割と大きな空白の正体をじんわり見抜いていけばうろたえることはありません。

Category: 禁煙とうつ
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。