流される日々

やり残したような気持ちで時間がどんどん過ぎていく、そんな気持ちになることがあります。
この二月は短いから尚更に感じます。

中東に起きたことを考えると、強力な権力を手にしていても終わりが来るということです。
おごれるものは久しからず、平家物語の有名な一説を思い起こします。
「あまりに気前良くおごるとサイフがスッカラカンなる・・・」ちょっとちがうかな?

圧制で力を蓄えるのは抑えられる側です。
する側は弛んでいきます。
抑えられたパワーは必ず爆発します。

これは、独裁国家に限りません。
ささやかな家庭にも遊び仲間にも仕事場にも、気のフレタようなやからがいるものです。
爆発する前に、その場を逃げることが一番です。お奨めします。

問題は、自分自身の場合です。
これは逃げ場がありません。
(こんなときタバコが役に立ちますね・・・)

つづきは、また♪

Category: 今日のコラム
1 Comments
  1. 1111

Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。