ニコニコ動画の生中継

今日は、新党日本の田中氏の国会代表質問をNHKで見ました。
阪神大震災での救援活動や長野県知事としての活動、そしてTBSラジオで機会があれば彼の話を聞いていました。
そんな親しみもあって見たのですが、質問のはじめを見損なったので、ニコニコ動画で録画を見れないかとサイトを開いてみました。
そうしたら、小沢一郎氏の記者会見が生中継されるということでした。
それで、そのまま開始を待つことにしました。
小沢一郎記者会見 主催:フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会

国会が遅れたせいもあり、まもなく始まりますという画面を見ていましたが、それもあきて疲れてきたころ、何だか人の声が聞こえてきました。
数十分遅れてやっと、会見がはじまるようでした。
政治家の記者会見としては、今まで見たことのないような、あるとしたら地域コミニュティの集まりのような、和気あいあいとした雰囲気の始まりでした。
コメントがどんどん流れて行くのも今までにないことです。ただ、話されていることとシンクロするには頭の回転が追いつかないようなコメントでした。

この司会者は、元旦の「朝までテレビ」に出ていました。
ともかくも、インターネットでの記者会見をはじめて見ました。
このニコニコ生放送を見ている人が47000人もいるとの報告がありました
いろいろな世代の人たちが見ていたようです。新しい時代を感じました。

小沢氏について、国会での証人喚問とか説明責任とか言われていますが、それよりもこのようなネット上の記者会見で、視聴者もメールなどで質問ができる、あるいは賛成反対の意思表示がリアルタイムにできる、疑問をぶつけて生の答えを聞く、これが一番ではないかと思います。

夕食後、もう一度見ようとニコニコ動画を開いたら、今度はサンデル先生を政治哲学を紹介した小林正弥先生とニコニコ動画の「ひろゆき」との対談がはじまりました。サンデルの白熱教室で問いかけられた質問をリアルタイムで視聴者に問いかける形式でした。
まるで、ハーバード大学のニコニコ版といったものでした、その意味ではニコニコの視聴者は多彩な世代の集まりなので異なる雰囲気でしたが・・・

チュニジアで起きたこと、今エジプトで起きていること、ネットの力はすごいですね。

この「思い」、そう思うのは自分だけだと抑え込んでいた。
しかし、実はたくさんの人の「思い」と同じだった。
それがわかった時、勇気と元気が湧き上がってくるのです。

権力者は、独裁者に限らず、個々の「思い」を分断しておこうとします。
個々の一人一人は弱く、自分だけの「思い」を抑圧しようとします。
本当は思いを言葉にできることが大切なのです
ネットの意思表示のできるメディアは人を変えていくかもしれません。



Category: 今日のコラム
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。