相棒劇場版Ⅱ

クリスマスの日に相棒劇場版Ⅱを見てきた。
映画は、連れ合いと一緒の楽しみになっている。
今年は9本見ることができた、ちなみに連れ合いは12本?
まっ、それはいいか

国家レベルの組織のせめぎ合いというようなシナリオだった。
ドラマは組織の中の、個人、男と女。

相棒のテレビ版で「ボーダレス」というタイトルのドラマが放映された。
このドラマの事件の主人公は「今回」は自殺した。
しかし、現実の世界では、周りを巻き込んでの自殺、すなわち通り魔事件、心中など、絶望の果ての事件が起きている。
悲しく重い物語だった。
相棒の製作を通して、製作者はメッセージを送っていることが感じらる。


不況、明日がわからない不安、心を悩ますことはいくらでもある。
たくさんの人がいつホームレスになるのか分からない不安な状態にいる。

仕事を失い、お金が底を尽き、そして健康を害する、あるいは失恋や、親しい人との別れなど、
たとえば、苦しい状況が三つ重なると、生きていくのが辛くなる。
仕事が無いのは本人の責任ではない、お金がなくなることも個人の問題ではない、健康もそうだ。
そして、失恋や別離は人であるなら必ずある悲しみだ。

だ・か・ら
生きぬく価値がある。
分かってもらえるかな。


もう少しで新しい年だが、暮れも新年もない辛い気持ちの人がいるかも知れない。
ぼくもリーマンショックで大変な状況になった。
本当に、自分自身もいつホームレスになるかも知れないと感じた。

だから・・・
生きてみる価値がある。
そう思う。

「うつ」も楽しい、「不況」も楽しい、「失業」も「失恋」も楽しい、何もかも楽しい。
「がん」になっても楽しい♪
生きるということは、そういうことなんだ。

そうそう
だから、禁煙なんて最高級に楽しいことなんだ♪

※ここで、ブログの更新を終わります。
お付き合いいただきありがとうございました。

Category: 今日のコラム
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。