禁煙うつを克服するには

禁煙すると「うつ」になります。タバコの至福のひと時がなくなるからです。
その程度は人によりさまざまだと思いますが、ぼくの場合は禁煙して三ヶ月くらい、タバコを止められる自信を感じはじめた頃でした。
いったん気持ちが落ち込むと、なかなか晴れなくてマイナーな気分が続きました。

ちょうどその頃、「たばことさよなら」の掲示板に出会って、できた仲間とエールを交換しながら禁煙を継続することができました。
禁煙の仲間がいたことが最大の禁煙できた勝因だと思います。
そして、禁煙は成功しましたが、禁煙で始まった「うつ」は結局のところ今も続いています。

「うつ」は加齢によってもなるようです。
自分の体力や精神力の退化、つまり老化は、心の中に重く圧し掛かってきます。
失恋も相当のストレスですが、またの出会いというものが必ずあるものです。
しかし、老化はどんどん大きくなるばかりで、その果てには死が必ず来ます。

そのほかにも、失業、失恋、そして親しい人の死、がんなどの病気、経済的困窮、などなど・・・
「うつ」になる原因はさまざまです。

タバコは、こうした「うつ」をニコチン麻薬で煙に巻いて誤魔化してくれたのだと思います。
一種の気分転換を促す薬のような働きがあったのだと思います。
禁煙はそれを失うことになります。落ち込んだ気持ちを変えるには何かほかの方法を考えなくてはなりません。
が、しかし、タバコのような便利なものは他にありません。

結局、「うつ」そのものと向き合うしかありません。
タバコに任せていた「うつ」を克服するためには、「うつ」になる要因を見つけてそれを解決しなくてはなりません。
失業、失恋、そして親しい人の死、がんなどの病気、経済的困窮、などなど・・・
これらの現実は変えることはそう簡単ではありませんが、それに押しつぶされない心を持つことは可能です。
失業は新しい仕事をはじめるチャンスです。失恋は、恋愛上手になるための練習です。失敗の数々が豊かな人にさせてくれるのです。
親しい人の死は、あの世でまた会えると思えば楽しくなります。
がんはひとつの人生のセレモニーです。
誰でも全て必ずいつかは死にます。逃れられない宿命です。
重たいと言えば、これ以上のことはないかも知れません。

実は、これらの根源的な苦悩は、タバコがあれば解決できるのではなく、ただただ誤魔化してきただけなのです。
タバコで誤魔化した時間が長いほど、根源的な苦悩は棚上げにされて来て、禁煙と同時にたな卸しが始まったのです。
これらの相手をきちんとすることが成長だと思います。人生はこのためにあるともいえます。
禁煙はこうして人生を豊かにしてよりいっそう深いものにしてくれます。
と、思うに至れば、禁煙は楽しいものです。

※もちろん、脳の神経伝脱物質のトラブルによってなることもあります。この場合は、現実的な原因がないこともあります。
老化による脳の変質と退職や別離などが重なって起こることもあります。


Category: 禁煙とうつ
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。