30代の30数パーセントが「うつ」で休職

昨日のNHK夕方の関東地方のニュースで特集がありました。

ぼくは「うつ」になることを命を守るための緊急避難と考えています。
働きすぎてオーバーヒートを起こしたのです。最近のエンジンは冷却の仕組みが良くできていて、あまりオーバーヒートを起こしません。しかし、上り坂をフルパワーで何処までも行けば、間違いなくオーバーヒートします。

ガソリンを気化させてシリンダーに送り込みますが、シリンダーあまりに加熱していると、タイミングに関係なく燃焼してしまいます。これでは、タイヤを回すことができません。

しかし、しばらくのんびりと熱が下がるのを待てば、また再び動き出すことができます。
※実際は、オーバーヒートになりかかったとき、どれほど無茶をしたかによります。

ふつうは無理をしないものです。しないようにできています。苦しいからです。
しかし、この苦しみを越える、苦より恐ろしいものがあります。それは、共同体や組織から排除されることです。
人は人の中でしか生きていけません。家族や仲間、友人、恋人が必要です・そして会社や学校などに所属しなくては生きていけない。

それを逆手に取って、人を脅迫する、家族、兄弟、生みの親さえも、会社の上司や同僚、学校の教師やクラスメートなどなど・・・

しかし、生きていける場所がそこになくてもほかにあります。
このことに気がつくまで、ぎりぎりの苦しみと恐怖にとりつかれる。
「うつ」で会社にいきたくなくなったら、それは新しい生き方へのスターへとなのです。
失恋が新しい出会いのための要件のように、離婚も失職も別離も、新しい人生のドラマのはじまりです。
そのことに思い至るまでつらいかも知れません。

この番組は続きが翌日あって、30代の自殺者数が7000千人を超えているという実態をレポートしていました。

死にたくなることと、命を守るために「うつ」になることの関係は、「うつ」になってしまえば、脳はオーバーヒートして死にたいという気力も飽和してしまいます。オーバーヒートが少し治まったときに、苦悩がよみがえって来ます。このとき、死にたくなるのだと思います。「うつ」というのは一過性の状態なのです。

死にたくならないためには・・・
30代の若者ならば、夢や希望が破れてこそ、成長して大人になります。それまでの夢は幼いころに持った夢です。多くの若者は現実の中で打ち破れることになります。それでも、新しい夢を見つけて先に進むのが若者です。現実に夢が破れることは、たとえると失恋のようなものです。本当の配偶者に出会うためには、何度でも失恋しなくてはなりません。失恋の仕方、失恋の覚悟、元に戻すと、夢の破れ方に、人生を投げ出してしまう考えに取りつかれているのではないかと思います。認知療法でいうと、全てか無かの思考となるかもしれません。別な言い方ならば、視野が狭いという事かもしれません。不幸なことです。
人生は思う通りにならないものです。それが苦悩の原因です。生まれる場所や家族、性別など、境遇を選んで生まれることはできません。鬼のような親やけだもののような兄弟の中に生まれる人もいる。病気になったり、経済的な困難に遭遇したり、別離もあるでしょう。しかし、それは幸せドラマのお膳立てストリーの味付けなのです。投げ出したくなるような自分を超えていくことがこのドラマの面白さなのです。それが分かると人生はどんどん開かれていきます。

NHKではつづいて「ひきこもり」を放映していました。

いずれにしても「自分を守る」ということが根底にあると思います。
だらだらとごろごろと仕事もせずに怠けているのは楽のように見えるかもしれません。あるいは、食べさせてくれる人がいるから引きこもっていられると言う人もいるでしょう。
それはそれとして、「うつ」は命を守る最後の砦ですが、引きこもりは籠城という自己防衛の戦術です。
問題は、いつも見えなくされてしまうのですが、なぜ引きこもりをしなくてはならないかであって、引きこもりが問題なのではありません。

もうすこし、つづくことに

Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。