思う通りになる自分の力

心というのは、未来への希望や期待でうきうきとしているときもあるが、心配で不安を感じるときもある。
そして、今のその思いは、皮肉なことに未来へ投影されることがある。良くも悪くも思う通りだったと。

考えてみると、自分は歩くことができる。
一歩目を右足からはじめるとか、左右の足を交互に出すとか、何も意識せずに歩いている。
自分にある力をいつもは忘れているが、どうなるかわからない未来を案じて縮こまるよりも、しっかり手足を伸ばして動かしてみよう。
自分の体をさすってあげよう。周りの誰かの体をなでてあげよう。抱いてあげよう。
何かがまちがいなく変わる。

ところで、宝くじや競馬は念じれば当たるというものではない。
思いが投影されるのは未来の自身の心に対してなのだから。
思う通りになると思う心もまたいいものかも知れない。

Category: 今日のコラム
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。