タバコの正体(誰も語らない真実、ケケケ・・・)

タバコは少量で覚醒作用、大量で鎮静作用、実に便利なアイテムです。
スパスパっとやれば、朝の目覚めは瞬時に!
スーパースーパーとやれば、心はゆったり悩みも消えていく。

で、誰も語らないし・し・しんじつ・・・を語りましょう。

実は、スパスパもスーパーも、悲しいことに終わりが来ます。
ほとんどの人は、今日と同じ日が間違いなく明日も来るように思っています。
ところが、ある日、スパスパが効かなくなります。
朝の目覚めが、昨日のようにすっきりしない、いくら吸っても何だか重たいだけで、あの爽やかな意識の目覚めが無い。
たぶん、この感触はしばらく続き、一度か二度、やけにきりっとする朝があるかも知れない、がしかしそれで終わりです。
永遠に、あの爽やかな目覚めの朝は来ません。

そして、スーパースーパーの鎮静作用も無くなってしまいます。
いくらタバコにむせ返っても、心の安らぎを得ることができなくなります。

タコちゃんはやめたんだろう・・・なんでわかるの?
解るんです。判るんです。
周りに同世代の喫煙者が片端から末期を迎えています。
タバコの魔法が切れてしまった喫煙者をまざまざと見ています・・・

人生の悲喜こもごもには意味があります。
もちろん、タバコで誤魔化すこともありです。
タバコをやめるとかやめないとか、生真面目に考えているうちは幸せです。
しばらくすると、やめなくても、タバコの魔法がとけてなくなります。
タバコの魔法にもエネルギーが必要なのです。

おおこわっ
やっぱりそうか、人生は・・・

これも、つつぐかも?

Category: 今日のコラム
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。