発情フェロモン

先日、動物病院の女先生と話をする機会があった。
世は、春、桜咲く春、そして発情の季節だ(ったかな、春先らしいから)。

人間社会は男性中心社会だから、男根を誇り、それに女性はメロメロになる、というような話がある。
男の臭い、男のしぐさ、女性はそれで発情する?

動物の世界では、メスが発情すると、オスがそれに引き寄せられていくそうだ。
オスの発情は、メスの発情によって起こる、メスによっていつでも発情できるのがオスだという。
動物の世界で、交尾を「かける」というような言い方をするが、かけあわせるということかと思う。
発情したメスにオスを近寄せると、ほどなく交尾になる。

そのとき、メスはオスを発情させるフェロモンを発散するらしい。

ところで、夜の繁華街、男たちは人造フェロモンをふりまいた女性に引き寄せられる。
そのフェロモンというのは、いわば香水のようなものだったりするとか・・・
最近は、男も香水をつけている。
これは、誰を相手のフェロモンになるのだろう。

認知療法では、理性的な判断が問題になる。
フェロモンも感情を引き起こす事象のひとつだろう。
これが、快く受け入れられる場合は、春、春、この世の春は輝きに満ちている。
しかし、これが歪を生じる場合、春はうっとうしい季節なのかも知れない。

人類に限らず、生きるものは、両性の出会いというドラマを繰り返しながら、子孫を残してきた。
その中で、失恋するのは人間に限らないが、人間はまたのチャンスというふうに考えられずに、すっかり落ち込むオスもいる。
絶対の人と、交尾の相手とは、離れたり近づいたりする、命のありようなのだから、と考えても振り回されるかな。
問題は、絶対という考えであることに気がつけば、広く見えるようになる。
・・・続くかも?



そういえば、イカス男という言葉
女をイカスという意味とか

メス(おんなというと露骨なので)は、射精をうながすために誘導する。
人間の場合も基本は同じなのに、なぜかイカスということが話題になる。

犬の交尾は、はじめのピストン運動でメスの内部に精子を送り込む準備をするそうだ。そのために、潤滑剤の役割をするものをはじめに送り込む、それから、数十分かけて前立腺液を産生しその中に精子を混ぜてメスへ送り込むそうだ。形で言うと、ドッグスタイルからお尻を向け合うような形に変わってびびびっと送り込むそうだ。

人間の場合、オスの射精をいつまでもシンクロしながら待機しているのがメスなので、オスにイカされるというより、オスがイクのを待っているというのが正しい。

オスがオスらしく射精することがテーマであるから、それを誘導するのがメスなのであるから、イカセル努力より、メスの誘導をていねいに受け入れて、シンクロしながら男らしくイキまくることが大事なのだ。
メスはいただいた精子をとどめておくためにしばらく虚脱していることになる。メスは決してイカサレタのではなく、イカサレタのはオスの方だ。
無駄に頑張るより、しっかりイキる、イキまくる、これを大切に。

このへんの極意は・・・
まあ、つづきはないということで・・・
Leave comment
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。