流される日々

やり残したような気持ちで時間がどんどん過ぎていく、そんな気持ちになることがあります。
この二月は短いから尚更に感じます。

中東に起きたことを考えると、強力な権力を手にしていても終わりが来るということです。
おごれるものは久しからず、平家物語の有名な一説を思い起こします。
「あまりに気前良くおごるとサイフがスッカラカンなる・・・」ちょっとちがうかな?

圧制で力を蓄えるのは抑えられる側です。
する側は弛んでいきます。
抑えられたパワーは必ず爆発します。

これは、独裁国家に限りません。
ささやかな家庭にも遊び仲間にも仕事場にも、気のフレタようなやからがいるものです。
爆発する前に、その場を逃げることが一番です。お奨めします。

問題は、自分自身の場合です。
これは逃げ場がありません。
(こんなときタバコが役に立ちますね・・・)

つづきは、また♪

Category: 今日のコラム

いまさらに不思議な経験?

いつも通りにテレビのニュースを見ていますが、魔法がとけたみたいで、キャスターの語り口調がいつになく紋切り型(台本)に感じられます。
ネットサイトを立ち上げて、いろいろな情報を集め始めました。自分の気がつかないところですごいことが起きていることに気がつきました。

Category: 今日のコラム

サイト作りをがんばりました♪

いゃあー腕は上がるのですね。またまた、スキルアップしました。
例のサイトで実名としましたが、少し伏字にしました。なんとなく・・・
ネットをウォッチしてみると、やはりネットが様変わりしている、この時代を感じます。
今日の午前に、沖縄の高江ヘリパッドの現場からの中継映像を見ました。
泣きながら撮影している若いお母さんかな、つられて涙がこぼれにじみました。

この国は、沖縄のちいさな集落の人たちなどなんとも思わない、民主党政権になっても変わらない。
高度成長期ならば、いけいけどんどんと、結局なんかで穴埋めができた?かもしれないが、今は、利権を守るために弱いものを食い物にしている。


Category: 今日のコラム

戻りました♪

新しいサイトを何とかスタートさせました。そして、ツイッターも始めました。はじめは匿名でしたが、実名にしました。ここは、大きく踏み込んでいきます。
以前、禁煙の掲示板で少しもめたことがあり、自分の軽率な対応で、いろいろな方に迷惑を掛けました。
そのとき、自分の画像をアップして、すみませんといった事があります。
そのときも、実名で掲示板に書いても行こうかと思いましたが、禁煙掲示板はけっこうシリアスなこともあり、躊躇しました。
今回は、大きく踏み込んで、画像も名前もリアルです。

さて、禁煙、そして生きること、経済、人間関係、人生は悩みばかりですね。
必ず毎日、新しい朝が来て、何か、ヒントがあって、人生は前に進みます。
応援していますよ♪

Category: 今日のコラム

ネットウォッチ - 自分で確かめるマイメディア - 真実はこれだ!

政権交代が実現し、この国が変わる大きな希望を持ちました。
政治が変わる、社会が変わる、毎日のニュースが楽しみでした。
しかし、政治が前に進みません。それはなぜか、中国漁船の衝突事件からこの国のマスメディアに違和感を感じるはじめました。
衝突映像の流出、ウィキリークス、チュニジア・エジプトの民主化運動、ネットメディアが真実を伝えています。
ネットをウォッチして、マイメディアを作りました。

このブログでぶつぶつ言っていましたが、整理するために別サイトにブログを作りました。
ネットをウォッチして記者会見やインタビューなどの動画や、ブログの記事を素材にして、まるきり個人的なジャーナルサイトです。
自分のために自分で作るマイメディアです。

今日のテレビのニュースや新聞は、僕の思う事実とかけ離れています。
それでは、自分の感覚が変なのか、それとも世界が変なのか、わけがわからなくなりました。

テレビの多くがお笑い芸人の番組ばかりです。
この国の現実は限界ではないか、なのになぜ笑っていられるのだろうかと、スイッチを切ります。

さて、このブログは禁煙応援と心のことに戻ることにします。
いろいろな事象については、広くネットのジャーナルを見渡し、世の中に対する懐疑主義と絶望にとどまらないで、勇気を持って前進したいと思います。

ネットウォッチ
http://netwatch.24joy.net/
どうぞ、ご覧ください。

Category: 今日のコラム

八百長と人情は同じではない!

相撲界は腐っている。
相手が負け越して番付が下がり、生活に困窮することへの同情から勝ちを譲るということは、何だか人情噺のようで納得してしまいそうだが、番付が下がり生活に困窮することと、勝負とは別の問題である。

大相撲は社会で合意された約束の中にある。
人情で負けたり勝ったりすることは許されない。

しかし、力が入らず(無気力相撲とはよく言ったものだ)負けることがあるかも知れない。
だが、不正の責任は免れない。
それは合意された約束(ルール)だからだ。

強姦犯の理屈も良く似ている。
服装とか、場所とか、つい欲情して強姦した。
強姦犯は欲情させられたと言い訳をする。
そういうものかも知れないが、しかし、その行為の責任は免れない。

サンデル先生の命題を思い出す。
海で遭難し、生き残るために、人を殺して食べたという実際にあった事件のことだ。
漂流するボートには四人の男が乗っていた。
15日間食べるものがなく、尿を飲んでいた。
海水を飲んで弱った少年を、残りの三人は殺して食べることを協議する。
その後、救出されたが、その殺人は裁判にかけられた。

人を殺して食べることしか、生き残る方法がなかったとき、人はそのようなことしてしまう。
人とはそういうものかもしれない。しかし、罪は問われなくてはならない。

この社会に聖人君子など一人もいない、だから誰も責められない。
というのではなく、自分がそのようなことをしたら、責任を問われるという覚悟が必要だ。

これは、親鸞聖人の「歎異抄」にある、悪人正機説にもつながる。
「善人なをもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」
人が、過ちを犯すには、いろいろな縁があってのことだと思う。
遭難して、食べるものが何一つない状況も、また縁である。
だから、罪を犯してしまう、といって、何をしても良いというものではない。
罪を犯してしまった状況には同情することができる、がしかし、罪は罪として問われることは免れない。罪を意識して贖罪の境地に至れば、往生(極楽へ行ける)できる。縁あって大罪を犯さずに大過なく生きてきた善人は、そのような境地に至ることはないが、阿弥陀様の本願により往生できるとしたら、罪を犯した悪人こそは、誰よりも先に往生させていただける。
南無阿弥陀仏

あるいは、ドストエフスキーの「罪と罰」はどうだろうか。
金貸しの老婆に鉄槌を下ろしたラスコールニコフは、全て考え抜いた末にしたと正しいことだと考えるが・・・、まあ、いろいろ考えさせられる。

八百長は相撲界で生きていく方便だと思う。
八百長をしなくても相撲が取れて、からだ一つで生きていけるように、相撲の世界は成長してもらいたい。
相撲道なのだから、道を問い直してもらいたい。
いつまでも待っていたい。

Category: 今日のコラム