Archive for » November, 2010 «

三原則

乗らない、乗せない、乗せられない
※情報に

脅威をネタに極東アジアを動かそうとする大洋の向こう側の国の専門家は何を次に用意しているのだろうか。
少しずつ舞台背景を組み立てて、登場人物に演技をさせている。
しかし、現実味はあまり感じられない。
砲撃の翌日に、この国から修学旅行やバックツアーに出掛ける様子が報道されていた。
また、危機を煽るニュースや特番の次は、バラエティー番組が延々と続いている。

アフガンにはグアムや沖縄、そして本国の基地から数万キロかけて爆撃機が飛んでいった。
また、インド洋のイージス艦からはトマホークが発射された。
イラクもそうだが、遠い国でのことなので、現実的な脅威はなかったが、本物の戦争が行われている悲しみを感じた。
今度は隣国のことだから、本当にバラエティなどで笑っていられるのだろうか・・・

イラクには世界第4位の産出量の石油があったのだが、隣国には何か利益になるものがあったかな?
利益がなければ何もしないはず、だからと安心させて何かやるかもしれない。
専門家の考えは分からないから、現れてくる出来事を見ていくと、目論見も見えてくる。

極東アジアの人たちが、死んだり傷ついたりすることがないように、毎日祈っています。
ぼくの念力は大した事ない、このブログでブツブツ言うだけ。

どちらかに悲惨な犠牲の出るアクシデントがあると、反撃に反撃の繰り返しで、本物の戦争になっていく。
専門家はどのシナリオを選択したのだろうか、心配でならない。
この国の衆愚がバラエティを楽しんでいるのは平和でいいが、この手抜かりの間に舞台背景が用意されていたとしたら、不安でもある。

Category: 今日のコラム

国とは何か

言葉を失う・・・そのつづき

命と引き換えに守らなければならない国とは何か?
北と南に分断されて、命をかけて守らされる国というのは何なのだろう。
双方が武器を捨てて、のこのこと境界線まで歩いていって、ちょうどいい広場があったら、サッカーでもしたら、どんなに楽しいことだろう。
弁当を持って応援に行くことができるなら、きっと盛り上がるに違いない。
毎年、いや毎月、毎週でもいい、何だったら毎日でも、サッカーをやればいい。
サッカーだけでなく、卓球にバレー、野球でも相撲でもいいし、レスリングでもいい。

そんなバカなことがはあるわけがないと、賢しげに言う人がいる。
楽しい方に楽しい方に盛り上げようとすると、冷や水を浴びせる人がいる。
仲良くなっては困る人がいる。

サッカーにはサッカーの解説者がいて、バレーにも卓球にも野球にもいる。
その人たちは、毎回の対戦の解説を楽しみにしている。
ゲームが盛り上がれば盛り上がるだけ、解説者は自分の出番だと嬉しそうに楽しそうに解説する。

今回の事件でも、テレビにたくさんの解説者が登場した。
思いついたか、考え出したか、見てきたように解説する。
サッカー解説者がサッカーが大好きなように、この賢しげな争い事の解説者は、争い事が大好きだとは言わないが、得意げに解説する顔には笑みが浮かんでいる。

沖縄が琉球だったころ、あの地域の海は友好の海だった。
大国が隋や唐と言われた時代、、隣国は兄の国で、その大国は父の国だった。
いわゆる漢字圏に豊かなネットワークで結ばれていた時代があった。
この国の漢字にそれが歴史として残っている。

半島の隣国とこの国は文法が同じだ。発音や文字は違うが、同じ感覚で言葉が使われていることに気がつく。
意味がわからなくても、抑揚や同じ繰り返しに、何となく感じることができる。

近隣の国々とは数千年の関係がある。
争いもあったが、おおむね仲良く楽しくやってきた。

それを、先の大戦で、無差別の爆弾攻撃を受け、原爆まで落とされ、たくさんの家族兄弟同胞を失いながら、敗戦後その戦勝国の傘下に組して生きのびてきたのがこの国だ。その戦勝国は、長い時間がたち、世界の覇者の地位を失いかけている。

アジアスポーツ大会を見ながら、決勝戦を戦った同士が、戦いが終わればお互いを讃え合う姿に、武器を捨てて楽しくやる道があることが見える。

空母まで持ち込んで、誰のために何のために、どこへ連れて行こうとするのか。

アジアスポーツ大会は子ども達が寝静まった夜中に放送している。
子どもたちに見せてあげたいと思う。
実に、この国は友好の海も楽しい世界もない貧しい国だ。

※だから、禁煙なんてのも、口先だけの国だ・・・ということにつないでおくかな!
自分の禁煙は自分で見つけよう♪
※アニマルスピリットの企業は、さっさとこの国を捨てはじめている。残されるのは、タバコで傷んだからだと、何もかも失ったこの人だけが残る。まあ、それもいいのかもしれない。

Category: 今日のコラム

言葉を失う

はるか大洋の向こう側には世界中に争いの種を蒔き続ける国がある。
特殊な知恵を持った人たちが日夜計画を立てて準備をしている。
今回のように挑発してはアクシデントを実現し危機を煽る。
今後のいろいろなどよめきを見て行くと意図が見え隠れする。
大切な命も犠牲になった大きなアクシデントになった。
人は必ず死ぬものだけど、危険を承知の職業としても、無残で惜しい。
平和で友好の海を実現できないのだろうか。

隣国が二つの国に分裂したのは、隣国を併合したこの国の過去のあり方に大きな原因がある。
その後、敗戦国であったこの国が、驚異的な復興と成長を成し遂げたのも、隣国で起きた同じ民族同士の戦争への物資の供給基地となったことにある。
さらに、東南アジアの戦争にも同じく後方支援の基地となって大きな利益をものにしたのだ。

大洋のかなたの大国は、押し掛け用心棒としての存在価値を示すために、何かと揉め事がないと都合が悪い。
そして、この国には揉め事で漁夫の利を得ようとする者がいる。

夜明けが近いほど夜は暗いというように、この先はもっと大きな出来事があり、さらに緊迫した状況を増長させるに違いない。
隣国を嫌らうことが、何か良いことのように喧伝され、衆愚はあやつられていくだろう。
そして、その結果の全部のツケが、その請求が回ってくることを、ずっと後になって知ることになる。
人生は一度、そしてあまりに短いから、自分の幸せを楽しんで生きてみたくはないのだろうか。

Category: 今日のコラム

映像流出その終わり

これは、想像なのですが。
たぶん・・・

何かちょっとしたお賑やかしの出来事があって、このことは西の海に流れていくことでしょう。
衆愚の関心が薄れていく頃に、流出の処分も今後の対応も、持ち越し風になるのではないかと思います。
衆愚の意識は、これを現実問題としての切迫感がないから、どんどん流れて行きます。

・・・昨年の今頃、何が起きたか覚えているでしょうか。
ありいは、二年前、三年前・・・
個人のことはよく覚えていますが、周りのことは意識からどんどん流れていくのです。
これは別に不思議なことではありません。

領海侵犯の漁船と巡視船が衝突した事件があり、その映像を流出させた保安官がいて・・・
その後どうなったのだったかな・・・
たぶん、半年もしないうちに、何か関心を引く事件や事故が起こって、忘れらていくのです。

友好の海ならば、巡視船は漁民の安全を見守ることが仕事になるはずです。
かつて友好の海であったのですし、将来はそうなるはずです。
この映像で他国との関係を悪化させるためか、現政権の脆弱さを突くことを意図していると思います。

が、しかし、何もかも忘れていくのが衆愚です。
※そのくらいにして禁煙応援にもどるかな♪

Category: 今日のコラム

映像流出その3

マスメディアによると、当局の映像管理が研修用として?見れる状態であったという、だから、機密漏えいの対象にならないのではないかという報道があった。
政治の場では管理責任を問う声が大きい。一方、テレビに流れる一般のインタビューはさまざまだ。

大きな国際会議が日本と韓国で行われる中に、中国でアジアスポーツ大会が始まった。夜中の開会式を見てみたが、北京オリンピックの開会式に比べて見劣りのしないすばらしいものだった。中国とアジアの近未来が想像される。

米国は、世界の資産家ランキング100の上位に多くが名を連ねている、一方で数千万の国民が生活に困窮している。
米国のドルと国債は暴落する寸前だ。資産家の多くはドルを捨てる未来が近いことを感じている。成長が見える国と友好的である。
イラクの原油利権を奪った後は、野となれ山となれ、セキュリティコンサルタントと呼ばれる傭兵が、イラク人を警護用に雇い訓練して、支配機構を守っている。
海外に展開する軍事力維持の費用が重荷になっている。このままでは、縮小撤退するしかない、それでは困るので、何とかしなくてはならない。

米国のアジアに対する動きには、投資と友好でアジアの成長を共にしようとする流れがある。
一方で、先の大戦、その後の冷戦から、世界の警察を自負し、テロの危機、はてまた宇宙からの防衛、などなどの危機を利権とする流れがある。

この国の人もどちらかの流れに組している。
たぶん、アジア大会を忌み嫌う意識に表れると思うが、どうかな?
自分にインタビューしてみては?
※禁煙に対する意識も同じなんだけどなぁー、と少しつなげてみるかな♪

Category: 今日のコラム

映像流出その2

映像流出の意図が語られている。
そして、その行為について、英雄視する声と、公務員の守秘義務を問う声とに分かれている。
英雄かな?
領海の問題は昨日今日のことではない、戦後の何十年も続いてきたものだ。
それが、なぜ今なのか、ここに答えがある。そして、英雄視したい意思がある。

守秘義務というのも?
やはり、事実は事実として伝えてもらいたい。
当局が隠そうとすればするほど、それを見ることに意味がある。

あの映像を見て感じたのは、衝突したときに巡視艇が漁船の進行先を横切っていることだ。
船が通った後の軌跡というのだろうか航跡というのだろうか白い波のカーブが見える。
漁船の進行方向の前方を横切って、巡視艇の衝突回避が間に合わなかったか、あるいは速度を落して衝突回避の操作をしなかったではないか、真実を知りたいものだ。
いずれにしても、船は進行方向を変えたり、停止したりが、俊敏にできない。巡視艇側も漁船もそれは承知していたはずだから。
ある範囲に近寄り、しかも進行方向を横切るようなことをすれば、故意でなくても衝突することもあると思う。
衝突したことに漁船側の意図を考えることもできると思うが、衝突された巡視艇側にも、映像が流出したことから感じることがある。

ネジは巻かれたし、配役と状況設定もできた。
この場面の行く末に伏線が見て取れるかな?
いずれにしても見えてくると思う・・・かな

※禁煙とからめるのは少し先です。

Category: 今日のコラム

ぼくもあなたも、たとえば地球だったのです。

お墓の心配をする人がいる。死んだ後の住処なのだろうか。霊魂があんな淋しい処に残るのだろうか。
来世とか生まれ替りとか信じるとしたら、お墓なんか何の意味もない。

生きて行くと、だんだん体が不自由になって、頭もぼんやりになっていく。
出かけるのもおっくうになり、食べるのも食べられなくなる。
詰めて考えられないから悩みもなくなる。
そして、命が燃え尽きて死んでいく。

昨夜、懐かしい人が夢に出てきた。
あれ、久しぶりと、手を取り合いながら、輝くような笑顔が嬉しかった。
ずいぶん会わなかったね、会えなかったね。
その人は、あなたが一番とぼくに言ってくれた。
そう、ぼくは一番だった。その人の一番の人間だった。
生きているうちにもっと愛し合えばよかったと思うと、とても悲しい気持ちになる。

人生が終わるとき、霊魂や何やら、何も残らないと思う。
がしかし、たとえば地球と一体になって、自分の人生を振り返りながら、死んでしまった自分を思い返しながら、もっと自分を愛すれば良かったと、悲しく気持ちになり、とても残念がることだろう。

ぼくは、自分が一番と言わなかった。
ほんとうは、ぼくは一番だった。ぼくはぼくの一番の人間だった。
生きているうちにもっと愛してあげればよかったと思うと、とても悲しい気持ちになる。

なぜタバコをやめたか、感じていただけましたか?
この世界は楽しい遊園地だと思いませんか?

ぼくもあなたも、たとえば地球だったのです。
自分の手を引いて、このディズニーランドのような世界へ、自分を遊びに連れて来てくれたのです。
遊びつかれて眠くなるように、たとえば地球に抱かれて眠るように、やがて人生に帳が降ります。
そしてまた、たとえば地球が手を引いて、この世界へ遊びに連れて来てくれます。

Category: 今日のコラム

映像流出

昨夜のNHKクローズアップ現代で、米国の情報リークが報道された。
まさにネット時代だと思う。機密は機密ではなくなっている。これは衆愚を扇動する新しい方法かもしれない、また、このリークで事実を知ることで衆愚の目が開かれるかもしれない。

と思っていたら・・・
あの漁船衝突の映像が流出しているという、驚いてYou-Tubeをのぞいてみた。
故意か偶発的か素人には判断ができないが、事件はこのようなものだったとわかる。
この国の領海ということは事実だが、隣国と仲良くしたくない立場のものにとっては、どんどん火に油と焚き付けたい格好の事件だ。

琉球王国は薩摩藩の侵攻で薩摩の植民地となっていたが、明治になり維新政府は廃藩置県を行い、そのとき成り行きで沖縄県となった。植民地の時までは琉球王国だった。
琉球の人たちは友好の海に一番相応しい人たちではないかと思う。今の沖縄の方々の情け深い様子を見ると真にそう感じる。
琉球王国は、鎖国をしていた日本と隣国の明・清の間にあって、奄美から沖縄、先山諸島あたりを統治していた。
小国ゆえに隣国との友好を大切にしていた。あの海域は友好の海として、南国の優しいおだやかな場所だった。

レッドデータブックというのがあって、そのままでは絶滅危惧種の動植物がリストアップされているそうだが、
人間による自然破壊が原因だそうだ。反対から見ると、絶滅寸前の生き物からレッドカードを突きつけられているのは人間の側だ。

今回の衝突事件と映像流出を機会に歴史を知ることで目が覚めて、だれもがディズニーランドが大好きなように、あの海域も琉球王国の穏やかな友好の海に戻れば良いと思うのだけれども・・・
マンタもスナメリもジュゴンもいると思ったなあ
澄んだ海と美しい珊瑚、南国の風、本当に素敵なところだなあ
世界の宝だと思う。

Category: 今日のコラム

一円玉を拾いました

先日、免許の更新で交通センターへ行く道筋で、一円玉が二枚落ちていました。
行き過ぎてから、同じ誕生月の連れ合いに、考えてみると免許の更新が同じ年というのも珍しいことです、連れ合いに一円玉が落ちていたと言いました。
「一円玉なんて、誰も拾わないのかな・・・」
「それじゃ、私たちが拾ってあげましょう」と連れ合いが言うので、行き過ぎたところまで戻り、二枚の一円玉を拾いました。
「一円を笑うものは一円に泣く」と連れ合いが言います。拾ったので、一円で泣くことはないと言うのです。
大事に持ち帰り棚に置いています。

経済の根本は物の交換からです。
物と物の対等な交換が始まりですが、その交換にきれいな珍しい貝の飾りや金属の飾りが貨幣として利用されるようになりました。
そして、この貨幣がいろいろな物と物の交換の仲介をするようになりました。自然の成り行きですが、人間だけの営みです。
交換することなしに人は生きていけません。

さて、タバコをやめたということは、これは何と交換したのでしょうか。
※禁煙応援ブログらしいですね、たまには♪
やめることで、タバコと交換したはずのお金が残ることになります。
このお金によって交換したものが、タバコをやめることで得た物です。

ところで、喫煙していた頃はタバコで何を得ていたのでしょうか。
ここに、タバコの至福感とか、心をリラックスさせるとかの幻想があると、あるいは幻想を感じると、
話は少しややこしいのですが、そのことにより何を得ているかということになります。
至福のひと時でしょうか、人生を楽しく豊かにさせているのでしょうか。
遠まわしは止めて、結論は、ニチコン依存症の禁断症状の緩和ということです。
このことが心に定まらないと禁煙は何の価値もありません。ただ苦しいだけです。
ニコチンの依存からは得るものが何もないと分かると、禁煙の苦しみに価値が生まれます。

禁煙すとるいうことは、タバコ分のお金を、前金で現金でもらえて、そして自由に何とでも交換することができます。
何もしなくていいのです。ただ、じっとしているだけで、だれでももらえます。

運良く拾った一円でも、おかげさまで一円で泣くことはないと言うのですから、
禁煙すると、タバコ分のお金を、毎日、毎日、きちんと前金の現金でもらえるのですから、一生もらえるのですから、本当に笑いがとまりません♪


Category: 今日のコラム

コップ?

名古屋で行われていたコップがどうしたとかいう会議についていぶかしい印象があります。
以前に、京都で行われたのは、CO2の削減がテーマで、どう見ても環境問題で金儲けシステムのやりとりだったように感じます。
今回は、開発途上国の微生物や特有の動植物を採取することに金を払うということだった。
しかも、植民地時代に遡って金を払うという、気前がいいものだった。

微生物や動植物を利用して薬品を開発するという、そして生まれた特効薬は莫大な利益を生むことだろう。
医薬品を作るには莫大な開発費が必要だという、その費用は医薬品に転嫁される、だから新しい医薬品はとても高いものになる。
今回の微生物の費用も、新開発の医薬品に転嫁されるから、実は製薬会社は痛くも痒くもないものなのだ。
気前がいいはずだ。

おりしも、今夜のNHKのクローズアップ現代で、青森の無農薬無科学肥料でリンゴや米を生産する木村さんを取り上げていた。
エンドファイトなる微生物が働いていて、リンゴを元気にしていると、学者が言っていた。そのエンドファイト・・・最後の頑張り?・・・しゃれみたいな名前だ。
その微生物は多種多様に渡り、それを植物に与えるような・・・微生物ビジネスのような切り口の話になっていた。
木村さんの話や本を読めば、そういうことでないことが解かると思うが、学者の頭は功名か功利か、なんとなくうさんくさい。

木村さんのリンゴの話は、化学肥料と農薬での農業の正体を示したものだと思う。
徹底的に消毒し、植物の必要な栄養素を肥料として与える、というのは、その究極は完全管理の水耕栽培のようなものではないだろうか。
これは夢のような話で、ほとんど実現しないだろう。
つい最近、木村さんの話を講演会で聞く機会がありました。
木村さんの話の中に、「知恵があるから言って、人間にリンゴが作れますか?米を作れますか?」「リンゴはリンゴの木が、米は稲が作るものでしょう」、というような話がありました。
木村さんは、「リンゴのことはリンゴの木に聞くことです、リンゴが望むようにしてあげれば実をつけてくれるはずです」
リンゴに教えてもらいながら、だれも信じなかった無農薬無肥料でのリンゴ作りを実現したのそうです。

微生物資源の利権を漁る意識には、これらの微生物から生まれる医薬品が大量に使用されて利益を生む、すなわち大量の医薬品によって医療システムが行われているからです。
人間の生活の中に必ず必要なものとして医薬品が存在としている。
これは、農業には農薬と化学肥料が絶対必要というのと同じです。
コップの中の話は、利権を子孫に残すための取引だったのですが、子孫はコップの中をいつか見透かして、人間の健康や幸せの真実を知るときがくると思います。
これは、木村さんが明らかにされたことと同じことのように思います。
そして心の問題で苦しむ方へのヒントでもあると思います。
心の問題にカラミついてる「タバコ」にもつながることだと思います。

※急いで書いたの後で調整します。

Category: 今日のコラム